PRYOUトップページ > > ノベルティ活用を販促の追い風にしよう > > 夏におすすめ!扇子のノベルティの魅力

夏におすすめ!扇子のノベルティの魅力

● 夏の暑い時期には一つは持っていたい扇子 夏の暑い時期には一つは持っていたい扇子

中国の書に「扇は扉である」とあったように、その昔は扇子のことを「とびら」といっていました。
扇子の扇の文字が、「戸」の中に「羽」があるように、扉が羽根のように開いて扇いで風を起こす道具を意味していたといいます。
平安時代には扇子は使われており、厚い時に扇ぐだけでなく、顔を隠したり、扇子を少しだけ開いて飛ばしたりする遊びも行っていたようです。
扇子は折りたたんで小さくなることから、場所をとらないので持ち歩いたり、デスクに置いておいたりしても邪魔になりません。
特に夏の暑い時期には、一つは持っていたいアイテムといえるでしょう。
厚い時にはもちろん、混雑した電車の中で、他の人の香水や汗のにおいが気になった時などにも、周りの人々に迷惑にならずに必要な分だけ広げて扇ぐだけでもだいぶ違います。
団扇を持ち歩くのは、かさばりますが、扇子であればバッグの中に収納でき、必要な時に広げて使うので便利です。
一つ持っていて、さっと差し出しても女子力アップになるでしょう。
また、扇子や扇の形は昔から末広(すえひろがり)といって縁起が良いことで有名なので、様々な記念品やお土産にも人気です。

● 扇子のノベルティの魅力 扇子のノベルティの魅力

夏に街で配られるものとしては団扇が定番ですが、仕事中の外回りの時などは、欲しかったとしても邪魔になるので受け取ってもらえなかったり、受け取っても目的地に着いたら捨てられてしまったりする可能性が高いでしょう。
また、扇ぎすぎてヨレヨレになってしまうケースも多いようです。
しかし、扇子は必要な時に広げ使わない時はコンパクトになるのでバッグに入れておけるので、受け取ってもらう確率が高く、しかも捨てずに持っていてもらえる可能性も高いので、コストパフォーマンスとしてはかなり良いといえます。
受け取った側にとっても、手軽に持ち歩ける扇子は、暑い日には便利に使えるものなので、それを無料でもらえるということは、うれしいと感じるアイテムでしょう。

「PRYOU」のオリジナル扇子は、PP素材のため濡れても壊れず長持ちするので、コスパは最強です。

メニュー

  • 注文はこちら
  • テープ
  • 付箋
  • カバーなし付箋
  • 蛍光色の付箋紙
  • オリジナルリングノート
  • オリジナルノート
  • オリジナル型抜き付箋
  • メモインケース
  • クラフト付箋
  • メモインハードカバー
  • メモインバッグ
  • 缶マグネット
  • マグネットステッカー
  • マウスパッド
  • うちわ
  • ゴールドしおり
  • メモボード
  • リングノート・手帳
  • オリジナルカレンダー(リングタイプ)
  • オリジナル卓上カレンダー
  • テンプレートダウンロードはこちら