PRYOUトップページ > > ノベルティ活用を販促の追い風にしよう > > もらう側も嬉しいペンのノベルティの利点とは

もらう側も嬉しいペンのノベルティの利点とは

●ノベルティの定番といえばペンに他なりません

ノベルティの定番として、誰もが真っ先に思い浮かぶのがペンではないでしょうか。
ノベルティ選びの際に気を付けるべき点としては、“あって困らないもの”であることでしょう。
ペンであれば、無くて困る人はいても、あって困る人はいません。
だからこそ、皆さまのお店や会社の広告宣伝をおこなっていくためにペンをノベルティとして選ぶ方は後を絶ちません。
むしろ、販促品として違うものを受け取った側が“ペンじゃないの?”と思うくらいに、ペンはノベルティとしての地位を確立しているものです。
もらった当人が使わなくても、それは誰かに渡されて使われていくことが多く、幅広い層に対して広告宣伝を間違いなくおこなっていくことができます。
加えて、ノベルティといえばペンというくらいに地位を確立してしまっているため、店名や社名が記載されていても受けては当然のことと思いがちなものですので、嫌味を感じられることがありません。
この点においてもペンをノベルティとしてお選びになることは理想的であるといえることでしょう。

●何度も使うペンだから繰り返される広告宣伝

ペンはもちろん一回限りの使用で消えてなくなるものではありません。
何度も使用されていくものですから、そのたびにサブリミナル的にあなたの広告宣伝した内容が使用者の脳裏へと焼き付けられていきます。
サブリミナルはテレビコマーシャルなどでは規制されておりますが、ノベルティとしてペンを選ぶことで同様の効果が期待できます。
コストが低い一方、定番として認知されているため、多くの人々へ自然な広告宣伝を繰り返していくことが可能となっており、コスト効果に優れたツールといえることでしょう。
一言にペンといっても、黒ボールペン(ノック式・キャップ式)だけではなく、四色のものもあれば、シャープペンシルもありますので、幅広い選択肢からお好みのものを選んでいただくことができます。
“あって困らないもの”とは、“もらって嬉しいもの”に他ならず、より多くの方に喜ばれる広告宣伝ツールを配布することで、馴染みを深めていくことができるだけではなく、良い印象を与えていくことができるのではないでしょうか。
ご用意しております幅広いノベルティ製品のラインナップで迷っておられるようであれば、まずはペンよりご選択いただければと思います。

メニュー

  • 注文はこちら
  • テープ
  • 付箋
  • カバーなし付箋
  • 蛍光色の付箋紙
  • オリジナルリングノート
  • オリジナルノート
  • オリジナル型抜き付箋
  • メモインケース
  • クラフト付箋
  • メモインハードカバー
  • メモインバッグ
  • 缶マグネット
  • マグネットステッカー
  • マウスパッド
  • うちわ
  • ゴールドしおり
  • メモボード
  • リングノート・手帳
  • オリジナルカレンダー(リングタイプ)
  • オリジナル卓上カレンダー
  • テンプレートダウンロードはこちら